絵画の音楽状態を実現

 カンディンスキーとクレーが創始した抽象画の目的は何か?それは絵画の音楽状態を実現する事です。

アメリカの抽象表現主義は、カンディンスキーのバウハウス時代の同僚で、構成主義のような幾何学的な作品を描くアルバースをブラック・マウンテン・カレッジに招聘してバウハウスの成果を吸収していった事もあり、抽象表現の目的を単純に『平面化』であると誤って認識してしまいました。 構成主義的なバウハウスの傍流抽象表現からスタートしたといって良いでしょう。

『音楽的才能に恵まれたわれらのマラルメ』とナビ派の画家達に敬愛されたオディロン・ルドンは「暗示的芸術」という概念を提唱しました。

暗示的芸術とは音楽のように鑑賞者にあるイメージ・情景や物語を空想させる技術といってよいでしょう。ルドンは【モナ・リザ】を暗示的芸術の金字塔と考えました。【モナ・リザ】が鑑賞者に様々な疑問や想像を喚起するからです。

私は、長年絵画の音楽状態を研究し、『光のスペクトル・線・形・遠近・明暗』『音色・音程・和音・メロディ・リズム』との相関関係と法則を発見しました。 そしてついに、ポピュラーミュージックなどの音楽の内容を絵画に翻訳する事に成功 したのです。(写真はパウル・クレー作 『赤のフーガ』)

私の履歴書1・・絵画の天才少年はいかにして世界有数の才能と評価されるようになったのか?
現代美術って何?現代美術の価値を分かりやすく解説しました