fbpx

My History 2 (私の人生での絵に関する逸話)

>

大学時代に画家になることを決意! 絵を観ると音楽が鳴る!カンディンスキー抽象画の衝撃!【Anecdotes in my life No4】

a href=” http://artyokota.com/wp-content/uploads/2019/10/kan.jpg”> 画家修業の手始めに、まずは「美術そして芸術とは何か?」を知りた ...

続きを読む

初めて絵画に感動する。 梅原龍三郎の『桜島 青』【 Anecdotes in my life No3】

 中1の時に、国語の教科書の冒頭に載っていた梅原龍三郎の『桜島 青』を自習時間に見入っているうちに、涙が出るように感動し、初めて『絵画も音楽のように観るものに感動を与えるもの』であることを悟ったのです。 すぐに書店に行っ ...

続きを読む

中学時代・・・ロック・ミュージックに熱中する【Anecdotes in my life No2】

 私は小学生の時に、いくつかの絵画の賞をもらいましが、中学時代もやはり『変わらず受賞』していました。  中学1年生でポール・マッカートニーの『HI HI HI』をラジオで聴いて驚愕を受けて以来、洋楽に夢中!  この頃、ク ...

続きを読む

私にはもう絵しか残っていないから、実現せねばならぬ』 ポール・セザンヌ【Anecdotes in my life No1】

 後期印象派の画家、ポール・セザンヌは、若い頃から画家をめざすも画壇からは無視され、ようやく50代の後半に、後にピカソをも見出した画商アンブロワーズ・ヴォラールがピサロの助言で企画展を開いたことなどから、急激に世界的な名 ...

続きを読む