『現代アートの理論』と『現代アート制作方法マスタ』のオンライン講座を新規開講しました。

新作「二元論との闘い』の画像

2021年10月制作 「二元論との闘い』 デジタルアート



 この度、私、横田昌彦は『現代アート理論』と『現代アート制作方法マスタ』のオンライン講座を開講しました。

 私は札幌WEBプログラミングスクールでの21年の教務経験など、大学卒業以来一貫し打て教育業に携わっており、非常に長く豊富な教務経験を積んでまいりました。

 ですから今回のアート講座も皆様に絶対の安心を持って受講していただけるものと自負しております

 以下が学んでいただける内容となっておりますが、受講されたい方は以下の学習内容から受講されたいものを選択して受講していただけます。

  『現代アート理論』を主に学びたいので理論で必修の項目に23番の「ネットで絵を売る方法」を選択する。
 
   全13講座を選択

◆表の〇の意味 『理論で必修』の欄の〇は『現代美術の理論』をマスタするためなら必修として受講する事をお勧めするもので、同様に現代アーティストになりたいか方の場合に最低限学んでいただきたいのが『制作で必修』の〇の学習内容です。

◆無料相談・無料体験 80分2回の無料相談・無料体験授業を全国どこからでも受講していただけます。

 無料相談の中で詳しい要望を伺って、オーダーメイド・カリキュラムを制作してご呈示させていただきます。

◆料金 札幌WEBプログラミングスクールと同じ料金システムです。

 入会金19,800円(税別)、1講座80分2,450円(税別)となっております。

 講座数はご要望によって、同じ学習内容、例えば「イラストレータ フォトショップ、Painterでの作品制作」でも1講座であったり、デジタルアート作成技術を完全に習得したいのであれば15講座であったりと変わってまいりますので、オーダーメイドカリキュラムで講座数をご提案させていただきます。

 もちろん、オーダーメイドカリキュラムはご希望にかなうまで柔軟に作り直させていただきます。

◆受講対象者 高校生以上の個人および企業・官庁などの団体様

◆開講日・受講可能日 個人の場合は基本的に札幌WEBプログラミングスクールの開講日時と同じとさせていただきますが、団体などの複数人一斉指導の場合はご希望に応じて柔軟に対応させていただきます。

 一斉指導ではZOOMを使用します。

 無料相談・無料体験のお申し込みはカリキュラムの後とお申込みフォームよりお申込み下さい。

 皆様のお問合せを笑顔でお待ちしております。
 

番号 理論で必修 制作で必修 学 習 内 容
1 アートおよび芸術とは何か? 全ての芸術の分野に共通するもの
2 見る事から想像することへ自分を開放しよう
3 決定的な分岐点 マルセル・デュシャンの泉と大ガラス
4 アート作品の見方 価値の見抜き方 直観と作品の仕掛け
5 美的センスとは何か? 参考書『パクリの技法』
6 思想と思索、知性の深さの必要性
7 色彩センス マチスとゴッホを例にして
8 形のセンス マチスとクレーを例にして
9 美しい線へのセンス ミッシャと尾形光琳を例にして
10 美術の歴史的文脈での革新性
11 投資・・・残るのはほんの一部の美術家のみ
12 発想の仕方 中心となるものは創造力か?
13 想像力・・・決定的な前頭葉と頭頂葉の働き 文章を書こう 小説・シナリオ・詩・ドラマ
14 作曲と美術 余程の天才でない限り、具象物と思い浮かべている
15 作詞と美術 2つの作詞方法 阿久悠と松本隆
16 デッサン力を付けるには 数学との深い関連性 解剖学との関係 人物を描くのが一番難かしい。
17 コンピュータを使ってデッサン力を補う Poserによる制作実演
18 コラージュの重要性
19 創造の方法 アイデアの出し方
20 イラストレータ フォトショップ、Painterでの作品制作
21 西洋美術史 日本美術史 参考書『東京藝大で教わる西洋美術の見かた (基礎から身につく「大人の教養」) 』
22 画壇とオルタナティブスペース。噴出する問題点
23 ネットで絵を売る方法

    お名前 (必須)

    ふりがな (必須)
       

    〒(必須)
       

    住所(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)
     

    題名

    ご用件詳細