fbpx
横田 昌彦 アート作品紹介ページのヘッダー画像

総合案内

作品一覧

制作方法

Facebook

問い合わせ

作品販売・制作理論

オンラインショップ

オーダーメイド

MUSIC PICTURE

芸術 統一場理論

こちらは札幌在住のアーティスト横田昌彦のアート作品と制作理論・芸術論を掲載・紹介しているホームページです。

◆絵画芸術とは何か

レオナルド・ダ・ヴィンチ マギへの礼拝 習作

 絵画芸術とは何かの表現であると考えています。何を表現するかは作者の自由です。表現するものは思想・主張・意見もあれば、マルセル・デュシャンの『泉』や『大ガラス』のような、鑑賞者が思考を働かせるための【投げかけ・ヒント・きっかけ】の場合もあるでしょう。

 千住博は著書で「芸術はコミュニケーションである」と定義しましたが、これでは街で話をしている人全員が芸術者家であると考えなくてはいけません。

 絵画芸術の価値は、表現する内容と表現形式の素晴らしさによって決まります。これは文学・音楽・演劇・映画・ドラマなどの分野を問いません。

 ですから、優れた芸術作品は優れた思想や詩情、【投げかけ・ヒント・きっかけ】を表現しており、つまらない作品はつまらない思想や【投げかけ・ヒント・きっかけ】を表現しているのです。

◆芸術各分野の翻訳可能性

 

 芸術の各分野は、例えば絵画と音楽がそうであるように、ある種の関連性に言及されながらも基本的にそれぞれが独立して存在してきたと言えるでしょう。  原則として絵画はアニメーション以外は動かないものであり、音楽が持つような時間の要素は無いとされてきました。 静止した絵画で時間性を表現する事は無理であり、またそれで良しとされてきたと思います。

 しかし全ての芸術分野の基底となる表現内容は同じであり、ただ各分野における表現効果の得手不得手だけが存在するだけです。  このような考えにより、私の最近の作品は楽典やポピュラーミュージックの作詞・作曲方法を研究した成果を絵画作品にフィードバックして利用しています

 私の最近の作品からは鑑賞した時に音楽のようなリズムとメロディ、詩情=ポエムが感じられると思いますが、それは以上のような制作理論の進展からなのです。

◆絵画の制作思想の発展は、表現を規制する壁を次々と倒してゆく事です

 絵画の制作思想を発展させる事は、固定概念の壁を次々と取り壊してゆく事により、より自由な発想で制作していく事です。 それまでにない異なったものの新しい組み合わせを次々と実現していく事です。

  現在でも多くの人が「絵画や美術は観たものを描くのだ」とゆう固定観念にとらわれています。  
花瓶に生けられた花を描く。風景を描く。これはカメラのような制作態度と言って良いでしょう。

 しかし、レオナルド・ダ・ヴィンチなどの多くの画家は、空想し思考して生み出した思想やイメージを表現して来ました。  これは、物を観るとゆう囚われから解放された状態です。 自分が閉じ込められていた狭い部屋の壁をぶち壊し、広い空間=パースペクティブを鳥が自由に飛び回るように空想をめぐらし、舞台やドラマという建造物を思考し構築するようなものです。
 オディロン・ルドンが「印象派は天井が低い」と言ったのはこの意味です。 印象派は人間の心理や無意識、思想や科学的な認識を描こうとしなかったからです。

 ルドンはまた、この世に存在しない怪物を描きシュールレアリスムの先駆者となりました。  シュールレアリスムは異種のものの意外な新しい組み合わせを表現しました。  
 異種のものの新たな組み合わせは発明の常套手段ですが、こういった手段・遊びによっても、絵画芸術の『面白さ』や『新鮮さ』新鮮さが実現できると思います。
 『面白さ・新鮮さ』は世阿弥の『珍しき』と同じ意味です。
 芸術作品の制作はロジェ・カイヨワが『聖・俗・遊』と言った意味での遊びです。

  ジョン・レノンが彼の歌詞に真剣に悩み、精神のバランスを崩した ファンに「あまり私やビートルズの詩の意味を真剣に受け止めるな。俺は言葉と音で遊んでいるんだ。歌詞には意味がある事もあれば無い事もある」と言った意味での遊びです。

◆歴史を越えて芸術の中核をなす感動体験

 マルセル・デュシャンに始まるコンテンポラリー・アートは、鑑賞者がより自由に思考するよう喚起をしますが、必ずしも感動体験を与えるものではありません。しかし、私は歴史を越えて芸術の中核をなすものが感動体験 であると確信しています。

 「この料理は芸術の域に達している」「この投手の投球はもはや芸術である」と言う時、この場合の芸術の意味は『厳しい修練の結果得られた高い技術に支えられた驚嘆すべきパフォーマンス』という意味です。

 感動体験をもたらすものは、何よりも作者の感動する心・感動した体験ですが、多くの場合感動体験を創り出すのは『遊び』としての制作です。
 ロジェ・カイヨワの『聖・俗・遊』の概念を援用すると、聖なるもの『知性や精神性、空間・空気・男性性』と、俗である『実務や肉体、物質、母性』の全体が統合された状態の心理、『精神の全体性』を表現したものが『』であり感動ではないでしょうか。
 これはC・G・ユングが「人は異性に対して精神と肉体の両方に同時に魅力を感じ愛する事ができなければならない。」と言ったのと同じ意味です。

  感動は、人間が人生の途中で手に入れられる最高の体験であり、人生の目標を明示するものと言ってもよいのではないでしょうか。

◆絵画の音楽状態を実現

パウルクレー 赤のフーガ

 カンディンスキーとクレーが創始した抽象画の目的は何か?それは絵画の音楽状態を実現する事です。

 アメリカの抽象表現主義は、カンディンスキーのバウハウス時代の同僚で、構成主義のような幾何学的な作品を描くアルバースをブラック・マウンテン・カレッジに招聘してバウハウスの成果を吸収していった事もあり、抽象表現の目的を単純に『平面化』であると誤って認識してしまいました。 構成主義的なバウハウスの傍流抽象表現からスタートしたといって良いでしょう。

 『音楽的才能に恵まれたわれらのマラルメ』とナビ派の画家達に敬愛されたオディロン・ルドンは「暗示的芸術」という概念を提唱しました。 暗示的芸術とは音楽のように鑑賞者にあるイメージ・情景や物語を空想させる技術といってよいでしょう。ルドンは【モナ・リザ】を暗示的芸術の金字塔と考えました。【モナ・リザ】が鑑賞者に様々な疑問や想像を喚起するからです。

 私は、長年絵画の音楽状態を研究し、『光のスペクトル・線・形・遠近・明暗』『音色・音程・和音・メロディ・リズム』との相関関係と法則を発見しました。 そしてついに、ポピュラーミュージックなどの音楽の内容を絵画に翻訳する事に成功 したのです。
 写真はパウル・クレー作 『赤のフーガ』 )

『昭和20年8月6日 午前8時14分59秒
の京都』

 2018年12月8日に完成した作品です。
 今回も私が発見した音楽と絵画の共通の法則を利用したため、音楽から受けるようなメロディアスでリズミカルな情緒が感じられる作品に仕上がっています。
 この革新的な理論により、ベンチャーズが作曲して渚ゆう子さんが唄って大ヒットした『京都慕情』のメロディを絵画を実現できたのです。
 つまり、この作品は世界で初めて絵画と音楽を統合することに成功した作品なのです。
 ちなみにこの題名ですが。広島への原爆投下時間の1秒前です。
 作品の解説はこちら をクリックしてご覧ください。

announceimg

『寿ければ辱多し』
(命長ければ辱多し)

 2018年11月28日完成の新作です。
 題名の言葉は中国の思想家荘子の書に出て来る言葉です。
 さて、キカイダーのような人間が手前にいますね。この窓の風景はどこでしょうか? 
 この絵を読解する鍵は「私の人生の目標は死の克服である」というPaypalの創始者でFacebookの最初の出資者であるIT長者ピーター・ティールの思想にあります。
 ティールはイーロン・マスクとPaypalの共同経営者であり友人です。
 マスクはZOZO TOWNの前澤友作氏が予約した月旅行ロケットを開発するスペースX社のCEOです。
 スペースX社は火星移住計画を立てています。
 拡大画像と作品の解説は こちら をクリックしてご覧ください

announceimg