fbpx

artyokotajp

Author Archive

> artyokotajp

村上隆と君の差は、明日倒れても歴史に名前と作品を残そうとするぎらついた欲望があるかどうかだけだ!【My History No8】

 2007年に自信作だった『レオナルド・ダヴィンチ礼讃Ⅱ』の写真を持って、また東京画廊に行きました。 山本さんは『随分作風が変わったね。私は画家ではないが絵だけは数多く観てるんだよ。まず、プロとしての要件は全て兼ね備えて ...

続きを読む

母の死で自分のスタイルが確立!あなたの画風を確立しなさい。プロの画家には名刺代わりの一目で作者が分かる表現スタイルが必要。【My History No7】

 東京画廊の山本豊津さんとは数年に一度お会いするようになりましたが、3回目ぐらいにお会いした時に 「あなたも良い歳なのだから、そろそろ自分の画風を確立してデビューしないと」 と苦言を呈されました。  「ピカソは『カメレオ ...

続きを読む

有力画商と知り合い、取扱い作家になる事の天文学的な難かしさ。【My History No6】

   前回お話したようなことは、日本で画家をめざす人間にとっては驚くべきことです。  なぜなら、日本だけでなく海外でも有力画商と知古になるという事は非常に難かしいからです。  東京芸大の美術学部は毎年日本一の倍率で、入学 ...

続きを読む

日本最初にして日本を代表する現代美術画廊、東京画廊との出会い・・・そのあなたの鑑識眼を大切に育てていきなさい。【My History No5】

個別指導学習塾『横田進学教室』を創業して5年ほど経った頃、東京画廊の山本豊津代表と知り合います。  きっかけは専門学校を辞職して非常勤講師をしていた頃に東京画廊に直接電話して絵で生計をたてる方法について相談した事です。 ...

続きを読む

サラリーマンや公務員をやって画家は目指せない。画家をめざしてアルバイト生活【My History No4】

   今は札幌情報未来専門学校という名前になった、当時札幌1、2で生徒数の多かった札幌ソフトウェア専門学校の担任として、私はやり手だったのですが、ある女性にふられたのがきっかけで(ふられたというほどつき合ってもいなかった ...

続きを読む

医学部受験に失敗して不本意ながら小樽商科大学に入学・・・やはり画家になろうと決意!【My History No3】 

 前回、高校時代が外科医をめざしていたと書きましたが、2浪めで受験したのが今学長や教授の不祥事で騒がれている旭川医科大学です。  しかし、結果は不合格。  共通テストの結果では、共通テストが終了した時点で自分の受験生中の ...

続きを読む

高校時代、工芸の先生は言った「君は私がやっと出会ったたった一人の天才青年画家だ!」【My History No2】 

      高校に入り芸術の選択では美術を専攻して、美術の授業が始まる前の4月に生まれて初めて描いた油絵がこの作品です。  初心忘れるべからずで、今でも居間に飾っています。  同時に美術部にも入部。  高校2年の時に、教 ...

続きを読む

私はルドンの生まれ変わりか?4歳にして大人顔負けのデッサン力を持つ絵の天才少年! 【My History No1】

 私は2歳か3歳のもの心がついた頃には毎日絵を描いていました。  生まれながらに大人顔負けに絵が上手い、絵の天才少年でした。  生まれ育ったのは北海道の旭川、旭山動物園のふもとの東旭川という町です。  写真は私が3歳の時 ...

続きを読む

エヴァンゲリオン制作とコロナ対策に見る、今決定的に重要なシステム構築思考

2021年2月14日がサッポロファクトリーで開催されている『エヴァンゲリオン展 北海道会場』の最終日だったので行って来ました。 今回の『エヴァンゲリオン展』は、原画・セル画などのオリジナル資料約300点と、複製資料約1, ...

続きを読む

コミック本『ブルーピリオド』がお気に入りです。東京芸大油画科の学生生活を知る事かできるから。

 今、新刊が出るのを楽しみにしているのが『ブルーピリオド』というコミックです。  『鬼滅の刃』の全巻を購入したのですが、どの巻もあまりにのむごい殺戮ばかりのなので、読み進める手が止まってしまいましたのですが、代わりにこの ...

続きを読む