京都慕情 作品写真
2018年12月8日に完成した作品です。

今回も私が発見した音楽と絵画の共通の法則を利用したため、音楽から受けるようなメロディアスでリズミカルな情緒が感じられる作品に仕上がっています。

この革新的な理論により、ベンチャーズが作曲して渚ゆう子さんが唄って大ヒットした『京都慕情』のメロディを絵画を実現できたのです。
つまり、この作品は世界で初めて絵画と音楽を統合することに成功した作品なのです。

ちなみにこの題名ですが。広島への原爆投下時間の1秒前です。

作品の解説は 『こちら』 をクリックしてご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
村上隆はなぜ欧米で高く評価されるのか?世界のアート界に反逆するバンクシー!アメリカ・規イギリスの現代美術・アート作品の価値判断・評価、価格決定は正しいのか?【後編】
現代美術・アートの価値の解説
村上隆はなぜ欧米で高く評価されるのか?世界のアート界に反逆するバンクシー!アメリカ・規イギリスの現代美術・アート作品の価値判断・評価、価格決定は正しいのか?【後編】
 村上隆はなぜ欧米で高く評価されるのか?  【前編】では、村上隆や奈良美智の作品が欧米で高く評価される理由を解説しました。  後編では、はた...