村上隆はなぜ欧米で高く評価されるのか? 

【前編】では、村上隆や奈良美智の作品が欧米で高く評価される理由を解説しました。

 後編では、はたしてその評価が正しいのか?について解説します。

 前回、作品の評価を決めるのは欧米の白人である、ギャラリスト・購入アドバイザー・キュレーター、美術館学芸員、大富豪のコレクターなどであると話しましたね。

巨大化する現代アートビジネス その頂点にフランソワ・アンリ・ピノーなどの大富豪コレクターとガゴシアンギャラリーを経営するラリー・ガゴシアンや、ハウザー&ワースギャラリーを経営するイワン・ワースマヌエラ・ワース、ウルスラ・ハウザーらのギャラリスト達です。

 これらの世界アート界を牛耳る人物は合計100人ほどと言われています。(巨大化する現代アートビジネス 紀伊国屋書店)

 彼らが新たに作家を見いだしたり、作品を購入する最も重要な場所がマイアミやサンパウロ、バーゼルなどのアートフェアです。
 (参考 世界最大級のアート・フェアなのに、超閉塞的なアート・バーゼルのお話

 この『アート関係者100人の村』の評価基準・価値観に対して公然とは反抗し批判しているのが、今世界で最も人気の高い路上アーティスト、『バンクシー』です。

 バンクシー Pillow Fight 画像「アート業界はこの世に存在する最大の冗談!」(Banksy's Bristol Home Seet Hone p90 作品社)と豪語するバンクシーは現代アート業界に対してこう言っています。

 「彼らが見るアートは、選ばれたひと通りの人々よって作られる。
 わずかな人々が創造し、推進し、購入し、展示し、そしてアートの成否を決める。
 世界でほんの数百人の人間だけがリアルな発言権を持っている。
 美術館へ出かけていく君は、
 大金持ちのトロフィー棚を眺めている旅人にすぎないのだ」

 アートコレクターに対して

 「いや、チャールズ・サーチに売る作品はないよ。
 彼に作品を売ることはこれからも決してない。」

 
 (BRUTUS CASA  バンクシーとは誰か? p52(株)マガジンハウス)

 前回、お話した通り、顧客は白人富裕層なので彼らの気に障る主張をしている作品は評価されません。

原爆の図 丸木夫妻 例えば、広島・長崎の原爆展はアメリカの退役軍人の反対で未だに展示できませんし、丸木夫妻の『原爆の図』も同様です。

 作品を購入するのは白人富裕層であり成功したベンチャー起業家や金融エリート達ですが、特にベンチャー起業家や金融エリートはアートに対して造詣が深いわけではない。

 ですから、プロの購入アドバイザーに助言に従って購入することが多いのです。

バスキア 写真 ジャン=ミシェル・バスキアの作品を123億円で購入した前澤友作氏も、村上隆と最初にフランスで売り出したギャラリー・ペロタン東京の中島悦子さんを購入アドバイザーとして雇っています。

 ちなみにバスキアの作品は日本の現代美術家、宇佐美圭司が過去のアメリカ現代美術はガラクタの集積かもしれないと否定的に述べた
あとに

 「こんなものから我々は再出発しなければいけないのか?」(『20世紀美術』1994年 宇佐美圭司著 岩波新書 )

とバスキアの作品を批評しましたが、バスキアについては私も彼の意見に同感します。

 『麻薬に押しつぶされそうになりながら耐えている自分の表現』というのは、やはりやり切れない。

 アート作品のコレクターを何とも哀れに思うのは、村上隆がTVの『カンブリア宮殿』で話した通り、

 「なぜ、お金持ちが大金でアートを買うのか?実は成功した起業家などのお金持ちは精神が病んでいるんですね。

 その心の穴を埋めるために作品を購入するのです。

 ええ、言ってみれば金持ちの戯言ですよ。」という状況であり

購入アドバイザーはアーティストやギャラリストに『どんな作品なら金持ちが購入しそうか!』をアドバイスするという。

 そして購入した金持ちはでっかい倉庫を購入したり借りたりしてアートコレクションを陳列し友人の金持ちを呼んで

 「なあ、俺って知的だろう?こんな知的な俺は素敵だろう?」

 と自慢する。

 しかし、それはガラクタの集積かもしれない。
 
 少なくとも所有者の本人はちっとも良いとは思っていない。

 これでは、金持ちは永遠に救われませんよね。

 延々と特効薬の代わりに偽薬を掴まされる神経症患者のようなものです。

 

 ジョンレノンはこう言い残して殺されました。

 「俺はもう見抜いたんだ。この世は偏執狂の権力者が支配しているんだ。

 だから、見抜いて皆に伝えている俺がもうじき殺されるのさ」

 ですから、現在世界に広まる貧富の格差資本主義の矛盾西洋文明・白人文化・科学信仰の限界をまともに扱う作品は受け入れらづらいのです。

 これは、ここ30年で台頭してきた中国美術にも言えることです。

 

ザオ・ウーキー 74憶円で落札された絵画

ザオ・ウーキーの73億円で落札された作品

 現在、中国は香港など全国各地に強大な現代中国美術作品を収納する美術館を建設中ですが、体制側を批判するアイ・ウェイ・ウェイなどの作品は絶対に収納しないでしょう。

 
 とするなら、美術館に集められた有名作家の作品を、価値が無いとは決めるつけることは出来ませんが手放しで信用することもできませんよね。

 では、どういう風に美術を評価し購入すれば良いのか?

 言うまでもなく、評価するのはあなたなのです。

あなたの感じ方、あなたの心に正直になることです。

 例えば、音楽の場合、ビートルズやX Japanの曲に感動して購入するのは楽器店の店員さんや音楽評論家に勧められたからですか?

 違いますよね。

 現代美術・アートも同じです。

 まず何よりも作品に直観的・直感的に感動する眼と心を大切にすること。

 そして、機会を見つけてとにかくたくさん、できれば原画を観る事です。

 そして、一度は有力ギャラリーで扱われていてう有名アーティストや台頭してきた新人アーティストの作品も。

 さらに、カンディンスキーやパウル・クレー、オディロン・ルドン、梅原龍三郎、安井曽太郎などの巨匠の作品も、なぜそんなに高く評価されるのかを長期に渡ってじっくり考えてほしいと思います。

 名作や巨匠の作品の真価はそう簡単に分かるものではなく、何年も考えていて突然閃いたように分かる経験を私は数多くしてきました。
 
 これらの経験の数に比例して鑑識眼が養われていくことは間違いないです。

横田昌彦のジクレー版画、購入のご案内。英語版サイトSNSで強力に広報中!

  以下、作品の内容やお取引についてなどご質問・ご相談がございましたら右のお問合せフォームまたは札幌WEBプログラミングスクール代表電話『0120 011 137 』にて気軽にご連絡下さい。

  ■関連ページ・・・『私の履歴書1・・絵画の天才少年はいかにして世界有数の才能と評価されるようになったのか?

レオナルド・ダヴィンチ 礼讃 Ⅱ

『レオナルド・ダヴィンチ 礼讃 Ⅱ』 

 左の写真のような私のジクレー版画を販売しております。(※画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます!)

 ジクレー版画とは作品をアート専用の顔料プリンターで印刷したものです。
 
 顔料とは日本画の岩絵の具のように鉱物などを砕いた粉末で、化学薬品ではないので高い耐光性を持っています。

このジクレー版画は選び抜いた最上質のアート専用用紙にCanonの最新顔料プリンターPIXUS PRO 10Sで印刷しており日常の光で200年の耐光性を持っています。

  絵画や版画は全てそうですが、これはもう実物を観ていただくより仕方がないというか、説明のしようがなく、とにかく驚くほどの高級感があります。

 さらに、Pixus Pro10s特有の『正確で美しい黒の諧調』と驚くべき『色の再現性』が、まさに「これはただの印刷物ではなく、まさしく版画作品である」という確信をいだかせてくれます。

 ◆私の作品にはどれも深い思想性・深層心理と観る方への問いかけが込められています。

 だからなのでしょうか、ジークレー版画はプリンタによる印刷物ではありますが、私の作品の場合その実物の風格からか大切な人や、息子さん娘さんなど若い人へ贈って、

 「壁に掛けて毎日眺めてそこから深い思想性や人間の心理について学んでほしい」

と願って、贈り物として購入される方がとても多いのです。

横田昌彦 英語版ホームページの写真  ここ数年欧米東南アジアに向けても『英語版ホームページ』やFacebookを使用して私の芸術理論と作品を広告宣伝しており、Facebook広告で『いいね』をもらう確率が広告を見た人の20%から30%と驚異的な人気を得ています。

 これば、世界トップといわれるコカ・コーラ・ボトリング社の5%と比べると驚異的な反響といって良いでしょう。

 さらに、これらの国のアート界にもどんどんプロモーションをしていきますので、知名度が高まり資産価値が高まる可能性も非常に高いといえます。

 ということで、資産価値も持つ私のジークレー版画を是非、できれば額付きでご購入いただければと思います。

版画の品質と大きさ、価格の詳細

【作品の大きさと品質】

 作品の大きさはA3版とA4版です。

 もちろんリトグラフや銅版画などの版画と同様にA4とA3各サイズとも100部印刷の限定版で通常の絵画や版画同様の資産価値を有しております。

 印刷する用紙は阿波紙ファクトリーの和紙やピクトリコなど有名メーカーの多数の用紙に印刷して比較検討した結果、Canon Pro10用アート用紙の『微粒面光沢 ラスター』を採用するにいたりました。

これは同じCanon Pro10用アート用紙の『光沢プロ プラチナグレード』などよりも、より光沢を抑えて落ち着いた質感と上品さを実現しているからです。

 ■関連ページ 『ジークレー版画(ジクレー版画)の価値。印刷する用紙の性能と美しさ!

【額縁の種類と品質】

 作品は額装と版画のみの郵送から選択できます。

 額縁は札幌市内で最大の画材・文房具販売店である『大丸藤井セントラル』のスタンダードな品質の版画用額縁からその作品に最も合うものを選択し、大丸さんにてに額装用マットを使用して額装していただきゆうパックにてお届けいたします。

 額縁の大きさは作品によって多少変わりますが、A4が『四つ切り(348m × 424m)』、A3が『半切り(424m × 545m)』です。

【保証書・サイン】 

作品の裏面には手書きで通し番号サインを記入しております。また押印付きの保証書も付属しております。

【購入方法】

 購入は以下の販売作品一覧から緑のボタンを押してして下さい。

 購入すると注文確認メールがすぐに届きますので、内容を確認して作品到着まで大切に保管して下さい
 
【商品代金支払い】

 代金支払いはPypalによるクレジットカード決済となります。決済後、決済証明書にあたる支払通知メールが届きます。

 取引終了まで大切に保管してください。

【販売価格】(送料込み)

  • A3版額装32,480円(税込),額なしの作品のみ22,400円(税込)
  • A4版額装24,240円(税込),額なしの作品のみ16,800円(税込)

【お届けまでの期間】

 お届けまでには最大で2週間、通常は10日以内にお届けいたします。

★以上、お取引について支障やご質問がございました『お問合せフォーム』またはお電話『0120 011 137 』札幌WEBプログラミングスクール代表電話までご連絡下さい。

販売作品一覧です!

※作品画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

作品画像 作品解説 A3版
残数
A4版
残数

『二元論との闘い』

2021年10月26日 リリースの最新作です。

フォトショップとCorel Painterで制作したデジタルアート作品です。

昔、大学の『職業指導』という科目でこう教えられました。

「20世紀は3人の学者との闘いだったと言われているよね?誰かな?そう、科学的社会主義のカールマルクス、無意識の発見者ジ-クムント・フロイト、そして進化論のダーウィンだね!」

私はそれまで、その事を知らなかったので聴講していた友人達が当たり前の事として知っていいたのに少し驚いた記憶があります。

かつて、今は京都芸術大学教授になっている日本学界の『新人類』とバブル期にもてはやされた浅田彰が、著書の『逃走論』の巻末「知の最前線に突入するために読むべき本」という章で、

「現代思想は二元論をいかにお克服するか?から始まる。まずは南米の詩人、オクタビオ・パスの著書『迷宮と竪琴』を読もう!」

と書いてありましたが?この言葉の意味分かりますか?

というか、この絵の主題はまさにこの言葉と同じと言ってよいでしょうねえ。

さて、画面の左には今の中国の創設者毛沢東がいます。

その右隣は誰でしょう?。その昔、カンボジアに共産党独裁政権を作って凄まじい大虐殺を行った男です。

ちょっと前に誰かが「同類を大規模に殺害する動物は人間だけなのです」と言っていましたが、その通りですよね。

この作品のさらに詳しい解説はこちらをご覧下さい!

 

97 98


THE MUSIC PICTURE『COSMIC SURFING』

2022年2月14日に完成したThe MUSIC Picture 『COSIMIC SURFING』

今回の作品はYMOのファイアークラッカーとコスミックサーフィンという曲を強く参照しています。

こちらのページでそのYoutube映像が視聴できます。

是非視聴してみてください。

 

97 98

紙 パステル 108.5cm×78.5cm
レオナルド・ダ・ヴィンチ礼讃 Ⅱ

この作品は、私の大学時代から自然に形成されてきたヴィジョン(画像イメージ)です。
このヴィジョンは私の自画像。つまりユング心理学でいう自己(selves)を表していると思います。

11 13


決定的な飛躍

2017年12月22日に完成した作品です。イラストレータとフォトショップで制作しています。
題名は『決定的飛躍 salto mortal』です。

決定的飛躍という観念はメキシコのノーベル文学賞作家オクタビオパスのものです。
パスの『出発』という詩は『決定的飛翔』について表現してたものです。
パスの言葉を少しだけ引用しておきます。

「人間は他者になる時実現され、成熟される。他者になる ことによって、この世界に落ちる、あるいは転落する以前の、つまり自我と<他者>に分裂する以前の彼の本源的存在が回復され、再び獲得される。」

拡大画像とより詳しい作品解説はこちら をクリックしてご覧ください。

11 12

紙 パステル 108.5cm×78.5cm
国際金融資本は戦争を熱望する

2017年5月7日(日)に完成した作品です。題名は『国際金融資本は戦争を熱望する』(Internasional Finnacial Capital Eager For War)です。
私の大学時代に社会思想史の教授だった倉田稔先生のロックフェラー・モルガン財閥とロスチャイルド財閥の帝国主義的な世界支配の思想が 中核の思想となっています。

『グローバル資本主義の物語―その発展と矛盾 』 (←クリック)倉田稔著

拡大画像と作品の解説はこちらをクリックしてご覧ください。

20 18

カンバスに油彩 F20号

臨死体験 ユング自伝より

ユングの『自伝』にある臨死体験の夢を描いたものです。

「1944年に私は心筋梗塞で意識喪失の中で譫妄状態になり様々な幻像(ヴィジョン)を見た・・・・

私は宇宙の高みに登っていると思った。はるか下には、青い光の輝く中に地球が浮かんでいるのが見えていた。
そこには紺碧の海と諸大陸が見え、脚下はるか彼方にセイロンがあり、はるか前方はインド半島であった。

ほんの少し離れた空間に、隕石のような真黒の石塊が見えた。
中はくり抜かれ聖堂になっており、黒人のヒンデゥー教徒が石のベンチに忘我の状態で、白いガウンを着て静かに座っていた。

彼は私を待っているのだと分かった。

私はそこで私が真の一員である、全ての人たちと会い、私は生まれる前に誰であり、どうして生まれて来たのか、私の命はどこに流れ去って行くのかが会得できるだろうと思った。」

(『ユング自伝 下巻』 みすず書房 p127)

25 23


『神は死んだ』

2021年2月15日に完成した作品です。

今回も私が発見した音楽と絵画の共通の法則を利用しています。

制作にはAdobeのフォトショップとイラストレータ、Corel Painterを使用していますがパステル画であると思っていただければと思います。

この作品の詩を作りました。

作品内容の理解のためにも是非ご一読下さい。こちらのページでご覧ください

題名 『神の死亡宣告 ヤハウェの神は死に 金が神に取って変わった!』

ツァラトゥストラはかく語りき
『神は死んだ!神は死んだんだ!』
そして超人の生きる時代が来た

ロックフェラーⅡ世は言った
「お父さん、ぜひ二ーチェを読んで下さい。
超人とはあなたのことです」

・・・・・・

17 20
火の鳥 フェニックス 画像

『火の鳥 フェニックス 精神は四角く肉体は丸い』

マーメイド紙にソフトパステルで描いています。

火の鳥と言えば、そう手塚治虫先生です。

手塚さんのライフワークだった長編『火の鳥』。

人間の醜いエゴイズムと神がかった科学力で地球と宇宙は何度も滅んではまた生まれ、それを繰り替えすという物語です。
手塚さんは予言者で、1960年に地球が近いうちに環境破壊で言受容気象になること。アメリカが弱体化し、世界への睨みが効かず各国で内乱が起こる事を予言しています。

この作品をご覧になって、いつの時代も権力者が一番欲しがる『火の鳥』とは何なのか?を考えてみることをお勧めします。
◆今回はこの作品の詩も作りました。こちらのページでご覧ください

題名 火の鳥、フェニックス  『精神は四角く肉体は丸い』

精神は四角く、肉体は丸い
精神は白く、肉体は黒い
精神は男で、肉体は母だ
精神の、服を着ている女は
母性を封印して、百年子を産まない
・・・・・・

23 20
『昭和20年 8月6日 午前8時14分59秒の京都』画像

『昭和20年 8月6日 午前8時14分59秒の京都』

2018年12月8日に完成した作品です。
題名は『昭和20年 8月6日 午前8時14分59秒の京都』です。

今回も私が発見した音楽と絵画の共通の法則を利用したため、音楽から受けるようなメロディアスでリズミカルな情緒が感じられる作品に仕上がっています。

この革新的な理論により、ベンチャーズが作曲して渚ゆう子が唄って大ヒットした『京都慕情』のメロディを絵画化しています。

この絵を観ると『京都慕情』が聴こえてくるような感覚に襲われますよね。
つまり、この作品は世界で初めて絵画と音楽を統合することに成功した作品なのです。

この作品は3部作にする予定ですが、これはその中心となる第1部の作品です。
ちなみにこの題名ですが。広島への原爆投下時間の1秒前です。

「マンハッタン計画」の責任者、レズリー・グローブス陸軍准将は京都に落とすことを本当にしつこく強硬に主張しました。
この題名がなければただ純粋に「綺麗な絵だなあ~~」と思われると思います。
私はこの作品を、申し訳ないのですが日本人よりアメリカ人、イギリス人に観てもらいたと思います。

21 20

『寿ければ辱多し』(命長ければ辱多し)

2018年11月28日完成の新作です。
今回はイラストレータ、フォトショップだけでなくpainterと言うソフトも使用しています。
今回も3次元人形作成ソフトposerを使用。

題名の言葉は中国の思想家荘子の書に出て来る言葉です。さて、キカイダーのような人間が手前にいますね。窓の風景はどこでしょうか?
この絵を読解する鍵は、Paypalの創始者でFacebookの最初の出資者であり、今ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットを長者番付けで急激に追うIT長者ピーター・ティールの「私の人生の目標は死の克服である」という思想にあります。

ピーター・ティールはイーロンマスクとPaypalの共同経営者であり友人です。
マスクはZOZO TOWNの前澤友作氏が予約した月旅行ロケットを開発するスペースX社のCEOです。
スペースX社は火星移住計画を立てています。

作品の詳しい解説はこちら をクリックしてご覧ください。

27 25
『オアンネスが苛立って放り投げたミュージックブック』画像

『オアンネスが苛立って放り投げたミュージックブック』

2018年11月14日に完成した新作のご紹介です。イラストレータとフォトショップで作りました。

この作品にも私が音楽の研究から開発した、絵画に音楽のようなメロディー、リズム、時間的な躍動感を与える技術を使用しています。
作品の解説は以下に載せていますが、まずは思うがままに鑑賞して自由に想像を巡らせていただければと思います。

オアンネスとは人間と魚のあいの子のような神で、人類に文化・文明を最初に教えた者と世界の各地で伝えられている神です。
フランスの作家フローベールの小説『聖アントワ-ヌの誘惑』に登場し、それをオディロン・ルドンが何枚もの絵画に描いています。

作品の詳しい解説はこちら をクリックしてご覧ください。

15 13

芭蕉カジキ

2018年9月24日に完成した最新作です。
PhotoshopとIllustratorで作りました。

ご覧いただいた方には、恐らくメロディアスな感覚と連続するカジキやイワシなどの動きにリズミカルなものが感じられるかと思います。
これは、ポピュラー・ミュージックの構造を研究しその成果を絵画に転用して、観る人が音楽から得られる感動的な詩情を絵画鑑賞でも得られるよに工夫しているからです。

カジキマグロやカツオがイワシの大群を追い込んで漁をする姿も自然環境が良い状態であればこそです。
拡大画像はこちら をクリックしてご覧ください。

25 18

カンバスにアクリルと油彩 1F20号

何無妙法蓮華経

この作品は蓮の花を描くというより、普段は気が付かない中心部にある花托の美しさを描きたいと思って制作しました。

画面左上にいるのはギンヤンマです。ギンヤンマを描く画家はほとんどいないでしょう。
「もはや描くべき題材は出尽くした」というシミュレーショニズムへのアンチテーゼの意味を込めています。

68 32

紙にパステル 108.5cm×78.5cm
カラスアゲハ蝶

日常当たり前と思えるもの。それが不思議で絶妙で奇跡的な自然の結びつきとバランスによって存在する事に気付いてもらいたいと思って制作しました。

62 35

紙にパステル アクリル 108.5cm×78.5cm
キアゲハ

蝶を描くのに、羽の鱗粉を表現するのには、油彩やアクリルよりも紙にソフトパステルの方が向いていることからパステルを使用して制作しています。

68 33

紙にパステル 108.5cm×78.5cm
   
花の精髄 マラルメより

「美しい花があり、いわゆる花の美しさというものはない。」と小林秀雄は言いましたが私はそうは思いません。

「かりそめの脆いガラスの壺の腹から一跳びに躍り出た頸、

苦悩の夜の終夜(よすがら)を花で飾る術もなく、・・・・

一輪の薔薇の花を、暗闇に予告しながら、ひたすらに唯、悶え苦しみ、しかも
何物をも、吐き出すことを肯(がえん)じない。」

マラルメ『壺の腹から一跳びに躍り出た』より。

65 46

カンバスに岩彩 水干絵の具 アクリル絵の具 キャンバス F30
ラストエンペラー

坂本龍一のラストエンペラーの楽譜をそのまま絵画にコピーしたものです。

87 70

紙 パステル78.5cm×78.5cm
雨の街を

絵画の音楽状態、特に詩とメロディーがもたらす詩情を表現することを目的とした作品です。
同名の荒井由実の曲から着想を得ています。ユーミンが言うところの『何かモヤモヤしたもの』の表現と言って良いでしょう。

31 32

紙にパステル 108.5cm×78.5cm
エロディアートⅠ マラルメより

「清浄無垢のわが髪の黄金の色の瀧浪は

孤独なる我が肉体を漬すとき

恐怖に、凍らしむるけれど、光の絡まるわが髪は

悠久不滅の相。

おお友よ、色即是空に非ずとすれば

一度の接吻も我を殺さむか・・・・いかなる魅力に誘われて・・・・」

(「エロディアード」 マラルメ詩集 岩波新書 p49)

65 39

紙にパステル 108.5cm×78.5cm
エロ Ⅱ
エロディアート Ⅱ マラルメより

マラルメの言葉より

「ほの暗く、しかもまるで笑み割れた石榴のように赤い言葉」

「さて、私めがお目に供しまするのは、ひとりの昔の女。でございます。

生まれながらの自然のままの狂気、黄金の恍惚とでも申しましょうか、女によりますと、これが髪ととかいうものだそうで、何か得体の知れぬもの!

これが女の唇の地の滴るような裸形に輝く顔の周りで、織物の優美を見せて撓(たわ)んでいます。

虚しい衣装などない代わりに、女には肉体があり、眼といいますものはすべて宝石さながらとはいえど、この女の見事な肉体より発するこの眼差しにはかないません。

永遠の乳に溢れているかのように高々と盛り上がった乳房、空を向いた乳首、その滑らかな両足は太古の海の塩の味を失なっておりません。」

(『ステファン・マラルメ』 水声社p49から)

92 89

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事