初めて描いた大作です。100号の油彩です。これは私が初めて描いた大作で、F100の油絵です。1992年に勤めていたプログラミングスクールを辞めて、作品制作に専念したいと思った時に描いた作品です。
この数年後に東京画廊に初めて伺って代表の山本豊津さんにこの作品の写真をお見せしました。

「いいんだけど惜しいなあ。富士山の形とかいろんな部分が梅原龍三郎などの作品で観たなと連想させるよね。」と言われました。
その通りですね。

この作品にはタイトルはないのですが。『コンポジション I』とという名前にします。この作品は販売する予定です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
村上隆はなぜ欧米で高く評価されるのか?世界のアート界に反逆するバンクシー!アメリカ・規イギリスの現代美術・アート作品の価値判断・評価、価格決定は正しいのか?【後編】
現代美術・アートの価値の解説
村上隆はなぜ欧米で高く評価されるのか?世界のアート界に反逆するバンクシー!アメリカ・規イギリスの現代美術・アート作品の価値判断・評価、価格決定は正しいのか?【後編】
 村上隆はなぜ欧米で高く評価されるのか?  【前編】では、村上隆や奈良美智の作品が欧米で高く評価される理由を解説しました。  後編では、はた...